カメラの部屋




デジタルカメラ(コンパクトカメラ)
デジカメはホームページ作成用に使用しています。
FINEPIX Z1

「Z80」はファイルサイズが大きく、性能の低いパソコンでは画像編集がしにくいので、最近は「Z1」を使用しています。

ズーム倍率の高いデジタルカメラを購入しました。



フイルムカメラ(コンパクトカメラ)
メインはフイルムカメラです。一眼レフカメラは重くデカイので、持ち歩くのはコンパクトカメラです。
デジタルカメラに押され、フイルムカメラがほとんど淘汰され、製造メーカーも限られてしまいました。



フイルムカメラ(一眼レフカメラ)
あたりまえのことですが、写真のできあがりは、コンパクトカメラより一眼レフカメラのほうがいいです。
本格的に鉄道写真を撮り始めた中学生のときから、一眼レフカメラを使うようになりました。

家にあったこのペンタックスの一眼レフカメラで、鉄道写真がきちんと撮れるようになりました。レンズは50mmのみでした。




望遠レンズ(200mm)用のカメラとしてニコンの一眼レフカメラを購入したので、
鉄道写真を撮るときには、「50mmのペンタックス」と「200mmのニコン」の2台のカメラを持ち歩いていました。

鉄道写真を撮り歩いていた当時はこの「50mm」と「200mm」の2つのレンズを使用していました。





ニコン F2の露出計の修理が不可だったので、F6を購入する決心がつきました。
デジタルカメラが主流ですが、今までフイルムカメラを使い続けてきたので、フイルムカメラを選んでしまいました。

昔のストロボより、はるかに機能が多すぎて使うことが難しそうです。






その他






トップページへ戻る